会員規約

兵庫県車いすテニス協会

会則・規定


初 版 平成 5年11月 1日
第2版 平成17年 3月 6日
第3版 平成20年 3月31日


兵庫県車いすテニス協会会則


第1章  総  則

 第1条(名称)
   本会は、兵庫県車いすテニス協会という。
 第2条(目的)
   本会は、兵庫県における車いすテニス競技の健全な普及と発展を促し、
   これを通じて身体障害者の体力の向上と社会人としての健全な精神の養成
   を目指すものとする。
 第3条(事業)
    本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
    (1) 車いすテニス競技大会を開催すること。
    (2) 車いすテニス競技の普及に関すること。
    (3) 車いすテニスに関する情報を提供すること。
    (4) 障害者の社会参加を促進すること。
    (5) 日本車いすテニス協会及び、関西車いすテニス協会との連絡調整
       に関すること。
    (6) その他、本会の目的を達成するために必要な事業。
 第4条(事務所)
   本会は、事務局及び事務所を置く。

第2章  会  員

 第5条(会員の種別)
   本会の会員は、次の2種とする。
    (1) 正会員
       本会の目的に賛同して入会した車いすテニス団体、及び個人。
    (2) 賛助会員
      本会を賛助する目的で入会した個人、団体、企業、法人。
 第6条(入会)
   本会の会員になろうとする団体・個人は、入会申込書を理事会に提出し、
   承認を得なければならない。
 第7条(退会)
   会員が次の各項に該当する場合は退会とする。
    (1) 会員が文書によって理事会に退会を届け出た場合。
    (2) 次の各号に該当するとき。
   1. 解散したとき。
   2. 会費を1年以上納入しないとき。
 第8条(除名)
   会員にして、本会の名誉を毀損し、また、本会則に反する行為のあった
   ときは、理事会の決議により、除名することができる。
   但し、弁明の機会を与えるものとする。
 第9条(再入会)
   退会後復帰を希望すれば、第6条の入会手続きを経て再び会員となるこ
   とが出来る。

第3章  役  員
 
 第10条(役員構成)
   本会には、次の役員を置く。
    (1) 名誉会長  1 名
    (2) 顧問  若干名
    (3) 参与  若干名
    (4) 会長  1 名
    (5) 副会長  1 名
    (6) 理事長  1 名
    (7) 理事  若干名
    (8) 監事  2 名
 第11条(役員選任)
   役員の選任は下記の方法による。
    (1) 会長、副会長、及び代議員、理事は、総会において正会員の構成
       員より選任する。
    (2) 名誉会長、顧問、参与、及び監事は、理事会において推薦し、会
       長が委嘱する。
    (3) 会長、副会長、理事は、車いすプレーヤーより選任する。
    (4) 理事長・代議員は理事の互選により選任する。
 第12条(役員任務)
   役員の任務は下記のとおりとする。
    (1) 名誉会長は、本会の育成発展を図り、本会を指導・援助する。
    (2) 顧問は、会長の諮問に応ずるほか、役員会の求めに応じて本会の
       運営に関して助言する。
    (3) 参与は、学識経験者として会長の諮問に応ずるほか、本会の運営
       に必要な発言を行い、事業執行を助ける。
    (4) 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
    (5) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を
       代行する。
    (6) 理事長は、総会の議決に基づいて、会務を執行する。
    (7) 代議員は、日本車いすテニス協会との円滑は連絡調整を図りつつ、
       会務の執行にあたる。
    (8) 監事は、民法第59条の職務(会計監査)を行う。
 第13条(役員任期)
   役員の任期は下記のとおりとする。
    (1) 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
    (2) 補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
    (3) 役員は、任期満了後及び辞任後も、後任者が就任するまでは、な
       おその職務を行わなければならない。
 第14条(解任)
   役員としてふさわしくない行為のあったときは、理事会の決議により解
   任することができる。
   但し、弁明の機会を与えるものとする。

第4章  会  議

 第15条(会議種別)
   会議は、総会及び理事会とし、総会を定期総会と臨時総会に分ける。
 第16条(構成)
   鍵の構成員はそれぞれ下記のとおりとする。
    (1) 総会は、第10条に定める役員、及び正会員をもって構成する。
       但し、兼任者の議決権は1票とする。
    (2) 理事会は、会長、副会長、理事長、代議員、理事、参与をもって
       構成する。
 第17条(機能)
   会議の機能はそれぞれ下記のとおりとする。
    (1) 総会は、本会則に規定するものの他、次の事項を審議する。
       1. 事業計画並びに予算の決定。
       2. 事業報告並びに決算の承認。
       3. 役員の選任
       4. 会則の変更
       5. その他運営に関する重要事項。
    (2) 理事会は、会務を執行し、本会則に規定するものの他、日本車い
       すテニス協会・関西車いすテニス協会に関する情報の連絡、整備
       も会務として執行する。
    (3) 理事会は、会務執行にあたって必要は事項を規定として総会の議
       決を経て別に定めることが出来る。
 第18条(召集)
   会議の招集方法は下記のとおりとする。
    (1) 会議を招集するには、会議の構成員に対し、会議の目的事項及び
       その内容並びに日時、場所を示して1週間以前に通知しなければ
       ならない。
 第19条(開催)
   会議の開催は、下記のとおりとする。
    (1) 定期総会は、年1回とし、年度終了後速やかに開催する。
    (2) 臨時総会は、理事会が必要を認め、又は、監事から会議の目的事
       項を示して請求があったとき開催する。
    (3) 理事会は、随時開催するものとする。
 第20条(議長)
   総会及び理事会の議長は、出席者の中から選任する。
 第21条(定足数)
   会議は、構成員の過半の出席がなければ開催出来ない。
 第22条(委任)
   会議の構成員は、やむを得ない事由により会議を欠席する場合に会議を
   委任することが出来る。この場合は出席と見なす。
 第23条(議決)
   会議の議決は下記の方法による。
    (1) 出席者の過半の同意をもって決し、可否同数の場合は議長の決す
       るところとする。
    (2) 会議の欠席者は、あらかじめ通知された事項についてのみ、書面
       もしくは他の構成員を代理として表決出来るもののほかは、議決
       に加えないものとする。
 第24条(議事録)
   会議の議事録は下記の方法によって作成しなければならな。
    (1) 会議の議事については、次の事項を記載しなければならない。
       1. 開催の日時及び場所
       2. 会議の出席者
       3. 議決事項
       4. 議事の経過、要領及び発言者の発言要旨
       5. 議事録署名人の選出に関する事項
    (2) 議事録には、議長及び出席者の中から、その会議によいて選出さ
       れた議事録署名人1名以上の署名を要する。

第5章  会  計

 第25条(会計年度)
   本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。
 第26条(予算並びに決算)
   本会は、事業計画に基づいて理事会ににおいて予算を作成し、年度終了後
   は決算し、財産目録と共に監事の監査を経て、それぞれ定期総会において
   承認を受けなければならない。
 第27条(資産構成)
   本会の資産は、次の各項をもって構成する。
    (1) 会費
    (2) 寄付金品
    (3) 資産から生じる収入
    (4) 事業に伴う収入
    (5) その他の収入
 第28条(会費)
   会員は、理事会において別に定める会費を納入しなければならない。
 第29条(資産管理)
   本会の資産は会長が管理し、その方法は理事会の決議による。
 第30条(経費支弁)
   本会の支弁は、資産をもってあてる。
 第31条(拠出金品の不返還)
   既納の会費、その他の拠出金品は、返還しないものとする。

第6章  附  則

 第32条(会則の変更)
   本会則は、総会出席者の3分の2以上の同意を得なければ、変更するこ
   とが出来ない。
 第33条(解散・残余財産の処分)
   本会の解散は下記の方法による。
    (1) 本会は、民法第68条第1項第2号から第4号まで、及び第2項の
       規定により解散する。
 第34条(会則施行期日) 
   本会則は、平成5年11月1日より実施する。

施行細則

  (1) 本会設立当初の役員は、第11条の(1)から(4)の規定にかかわ
     らず設立総会の定めるところとし、その任期は第13条の(1)規定
     にかかわらず設立総会の定めるところとする。
  (2) 本会設立に当たり、第17条の(1)、第19条の(1)、第25条及び第
     26条の規定にかかわらず、設立初年度の事業並びに会計期間、及
     び事業計画、予算に関しては設立総会の定めるところとする。

委員会設置規定

   本会は、会則第3条の(1)並びに第12条の(7)及び第17条の(2)の規
   定により次の委員会・理事及び代議員を設置出来る。
    (1) 本会は、大会運営に当たって実行委員会を組織出来る。
    (2) 本会は、関西車いすテニス協会に理事を、日本車いすテニス協会
       に代議員を出向する事が出来る。

会費規定

   会則第28条に規定する会費金額は、次の金額とする。
    (1) 正会員:年会費 500  (団体に所属している個人および個人)
    (2) 賛助会員:  3,000 (一口)

会員定期事務規定

   正会員の代表者は、総会時に以下の事務を協会事務局に対して行う。
    (1) 連絡事務所の住所・電話番号・担当者の指定
    (2) 当該団体の構成員名簿の提出
    (3) 年会費の納入並びに分担金の精算